不動産屋などに相談するのがセオリー、ワンルームマンションの売却

環境を考えた

地球温暖防止対策と経済の活性化

住宅エコポイント制度は、経済の活性化と地球温暖防止対策として、平成21年度に導入されました。 太陽光発電装置などの省エネ住宅を新築したり、エコリフォームを実施した者を対象に、一定のポイントを付与するものです。 付与されたポイントは、ポイントに応じて様々なカタログ商品に交換することができます。 住宅エコポイント制度は2010年3月に導入され2011年7月に終了しました。その後、東日本大震災の復興対策として2012年1月から7月までの期間復活しました。 消費税の税率アップ直前の駆け込み需要の反動を軽減するために、2014年2月の補正予算で住宅エコポイント制度が復活することになりました。 今回の住宅エコポイント制度では、完成済みの新築住宅が対象になったり、リフォームでの対象額が増額となっています。

省エネと地デジテレビ普及のため

住宅エコポイント制度のポイント交換の対象には、カタログ商品のほか、商品券・プリペイドカードや追加で実施する工事費用に充当することも可能でした。 家電エコポイント制度は、住宅エコポイント制度と類似するものです。 家電エコポイント制度は、地球温暖防止対策、地上デジタル放送テレビの普及と省エネ性能の高いエアコン・冷蔵庫などの購入を目的として、平成21年に開始されました。 その期間は当初2010年3月まででしたが、2011年3月まで延長されています。 家電エコポイント制度は、住宅エコポイント制度と同様に、対象の地デジテレビや省エネ機能のエアコンや冷蔵庫等を購入した者に、購入価格に応じてポイントを付与するものです。 付与されたポイントは、ポイントに応じて商品券や一定の商品に交換できました。